本文へ移動

稲佐お栄

稲佐お栄 1860~1927

お栄の生涯

稲佐お栄
 長崎の女傑の一人に挙げられるのが「稲佐のお栄さん」こと道永エイ。
明治13年(1880)のある日、諸岡マツの経営するロシア人相手のホテル・レストランの料亭「ボルガ」を天草生まれの20歳の娘が訪ねてきた。12歳の時、両親を相次いで失い、遠縁を頼って茂木の旅館で働いていたというその娘の名こそ、道永エイ(お栄)だ。
ホテル・レストラン「ボルガ」(長崎大学付属図書館所蔵)
 お栄はマツに近くの「ロシア将校集会所」を紹介され、住み込み家政婦として働くことになる。お栄はここでロシア語を修得。ロシア語が話せ、色白の美人で社交上手な彼女は将校達の人気者となり、その名は本国ロシアまで聞こえるようになった。21歳の時、ロシア艦隊戦艦「バルト号」の艦長に気に入られ、船長付のボーイとしてウラジオストックに渡り、ロシアで社交界の花形となるが、10年後に帰国。再びマツの片腕となって「ボルガ」で働くようになる。
ホテルでくつろぐ人々(長崎大学付属図書館所蔵)
 明治24年(1891)、ロシア皇太子ニコラス二世(のちの皇帝)がギリシア親王ジョージとともに極東訪問の途中、艦隊を率いて8日間、長崎に立ち寄った。22歳の若い皇太子はお忍びで上陸し、上野彦馬に写真を撮らせたり、街角で出会った少女にかんざしを買ってやったりと、愉快な数日を過ごしたという。
 その間、お栄は県当局の意を受けて、丸山芸者を呼んでの宴会などを設け、皇太子らを厚くもてなしたという。
明治26年(1893)、お栄はロシア軍艦で上海に渡り、帰るとすぐに、入港する船が一望できる高台(現・旭町、旭橋近く)に敷地面積300坪のホテル「ヴェスナー」を竣工させる。“ヴェスナー”はロシア語で「春」の意味。極寒の地、ロシアの人々にとっては「希望」を意味する響きだった。客室20、ロビー、宴会場、遊技場と、当時の最新の設備を備えた「ヴェスナー」は、連日連夜、カルタ遊びや酒宴が繰り広げられ大いに賑わった。
ホテルヴェスナーと桟橋(長崎大学付属図書館所蔵)
 その後、健康を損ねたお栄は、「ヴェスナー」の経営は諸岡マツに任せ、明治33年(1900)、平戸小屋(現・大鳥町)の小高い丘の上にロシア高官だけを顧客とするホテルと住居を建て、順調な経営をしていたが、日露戦争が始まると「露探」「ラシャメン」「非国民」などと罵られ、家に投石されるなど迫害される日々が続く。
 
 明治38年(1905)、ロシアは降伏し、お栄は県当局から捕虜となったステッセル将軍の宿舎をとの申し入れを受け、延べ9408名のロシア軍捕虜を稲佐全域80軒で収容し世話をしている。戦争が終わった翌年、お栄は茂木に純洋館建ての「ビーチホテル」を開業。外国人観光客を誘致するなど経営手腕を発揮し、繁盛させたが、昭和2年(1927)5月、稲佐の地で数え年68才の生涯を終えた。

ロシアとの親密関係

ロシア人居留地と出島(長崎大学付属図書館所蔵)
 明治以降は、三菱重工業(株)長崎造船所の発展と共に住宅地として栄えていった稲佐エリアだが、一方、冬期の長崎港はウラジオストックを母港とするロシア極東艦隊の越冬地となっていて、稲佐に多くのロシア兵が上陸するようになった。それは、17世紀半ば、幕府は正式な交易相手をオランダに限定し、近隣のロシアの上陸は長く拒んできたが、嘉永6年(1853)、ロシア使節プチャーチン来航の際、初めて上陸を許された。それでもまだ、できることなら彼らを長崎の中心地に迎え入れたくはなかった日本側は、港を隔てた漁村の稲佐を上陸地に指定。はじめは寺院などが臨時の宿泊所となっていたが、しだいに受け入れ場所が増え、極東に不凍港を求めるロシア艦隊の「稲佐ロシア人休息地」、通称「ロシアマタロス休憩所」となった。乗組員は稲佐で休息をとり、艦隊は物資を補給。稲佐悟真寺国際墓地の南側には、ロシア兵の射的場もでき、これは明治36年頃まで続いた。
 また、万延元年(1860)に弁天町の上部から、曙町の稲佐岳登山道路入口という碑がある付近に置かれた「稲佐遊郭」も、当初ロシア艦隊の乗組員向けにつくられたものだった。安政4年(1857)に長崎入りしたオランダ海軍医ポンペは公娼制度の廃止と検梅制度を提案したが、幕府が拒否。万延元年(1860)に来日したロシア海軍提督ピリレフの要請により、稲佐遊郭において日本で初めて検梅が行われた。昭和33年(1958)の売春防止法施行まで続いた稲佐遊郭は、大正14年(1925)当時、貸座敷は19軒、娼妓の数は154名にものぼったそうだ。

お栄ゆかりの地を歩く 稲佐山界隈

稲佐の歴史

 江戸時代、稲佐地区は肥前国彼杵郡のうち、浦上淵村稲佐郷、舟津郷、平戸小屋郷、水の浦郷と呼ばれ、幕府直轄領で長崎代官が支配下にあった。その際、庄屋職に就いたのは、豊後(現・大分県)を本拠とした一族・大友氏の旧臣志賀氏。当時長崎奉行で同族同郷の竹中重興(しげおき)によって浦上渕の庄屋に任命されたといわれている。慶長10年(1605)から明治維新に至るまで、志賀家が世襲した。
 始祖親成(ちかなり)、初代庄屋親勝(ちかかつ)と共にこの地に眠る11代親憲(ちかのり)は、安政5年(1858)、「稲佐ロシア人休息地」開設に関与した人物で、また、その長男の親朋(ちかとも)は、その環境からかロシア語の通訳となり、幕末にはロシア留学を果たし、維新前後には露外交の通訳として活躍した。
 稲佐橋から稲佐公園にかけての光町の坂道は、少し小高くなっているが、これはかつて、ここが「鵬ガ崎」と呼ばれる岬だったことの名残だという。この辺りには、当時の長崎の風流人であった蒲地子明の別荘があり、文政6年(1823)の頃、「鵬ガ崎焼」を開窯した。子明自作の詩歌を彫刻した雅趣に富んだ作品は、特に茶人に珍重されたが、嘉永5年(1852)閉窯。僅か30年間しか作陶しなかった「幻」の雅陶は、長崎歴史文化博物館に展示されている。
 また、稲佐は江戸時代、出島オランダ屋敷や唐人屋敷に住む外国人が食していた食用のブタやヤギが立山と共に飼われていた場所。そのため、稲佐橋から稲佐公園にかけては家畜の飼料となる稗が栽培されていた。そして、そのことからかつては稗田という地名だったという。今も「稗田橋」というバス停名でその名が残る。この稗田の浜には、亨保16年(1731)、鋳銅所が建てられ、棹銅が造られていた時代もあった。

1 稲佐山

 333mの稲佐山。山頂の展望台からは、周囲の地形を360度にわたり望める。長崎(野母崎)半島や伊王島、高島、端島と、美しい海に浮かぶ島影、遠くは雲仙岳や大村湾を越えて多良岳まで、それはまさしく長崎の中心を感じる景観だ。そして、長崎港に入港してくるクルーズ客船、対岸に広がる外国人居留地跡、ビルが建ち並ぶ市街地。ここは海と山に囲まれた風光明媚な長崎の町の風景をあらためて実感させてくれる絶好の場所だ。
稲佐山
稲佐山から見下ろす風景

2 歴史の大舞台「志賀の波止場」

 現在の弁天町、旭大橋の稲佐側カーブの下辺りは、当時、船着き場だった。庄屋である志賀家の屋敷前にあたるところから「志賀の波止場」と呼ばれていたという。江戸時代中期に書かれた長崎名勝図会に「稲佐割石」がある。寛文5年(1665)、入港後間もないオランダ船の火災により大砲が暴発。砲弾が海岸の崖を直撃し砕け落ちた大岩が真二つに割れた。やがてこの二つの石は「割石」と呼ばれるようになり、長崎の名所の一つになったのだそうだ。明治30年に始まった港湾改良工事で撤去されたため現存はしていない。
 このオランダ船の暴発事件を受け、元禄3年(1690)、長崎奉行は砲弾と火薬を管理し出港までの間、保管することなり火薬庫「稲佐塩硝蔵」を割石の側に造った。明和2年(1765)にこれを廃止し、対岸の御船蔵内に保管するようになると、その跡地には、明和4年(1767)、鋳銭所が設けられた。安永2年(1773)に廃止されるまでの7年間に23万1千貫文の銅銭が造られる。この稲佐銭座で鋳造された「寛永通宝」の裏面にはマス型の上に「長」の字が刻まれてあるのが特徴だったとか。
 そして時代は流れても、この「志賀の波止場」は歴史の舞台として登場する。文政11年(1828)8月に襲った台風はシーボルトを乗せて出港する予定であったコルネリウス・ハウトマン号を座礁させ、この「志賀の波止場」に積み荷が散乱。国外持ち出し禁止の日本地図が発見されたのだ。世にいうシーボルト事件の舞台もこの地だった。その後も幕末から明治にかけて、志賀家は海運業を始め、この波止場を拠点とした。

3 悟真寺

悟真寺本堂
 稲佐岳の東斜面、曙町にひと際目をひく朱塗りの門がそびえる寺が慶長3年(1598)創建の終南山光明院悟真寺。古くから稲佐の象徴的存在であり続けている悟真寺は、岩屋山神通寺の支院のあった場所ともいわれ、また、戦国時代の豪族・稲佐治部太輔氏の居館後ともいわれている。その頃の遺構として現存するものが、境内の「聖井戸」と呼ばれる古井戸だ。その後、かつては武士だった筑後善導寺の僧・聖誉(せいよ)が、キリスト教が台頭したことによって長崎の寺院が焼き払われるなど、仏教が廃絶していることを嘆き、慶長3年(1598)、長崎奉行・寺澤志摩守の許可を受け、この「終南山・悟真寺」を創建した。この寺は、キリシタン時代における仏教再興最初の寺だったのだ。

4 稲佐悟真寺国際墓地

 港を望む一等地に広がる悟真寺の墓地は、稲佐悟真寺国際墓地と呼ばれている。長崎市内にある3ケ所の国際墓地の中で最も古い歴史を持ち、他の2ケ所が公有地で長崎市が管理しているのに対し、ここは浄土宗である悟真寺歴代住職によって守られてきたという世界的にも珍しい歴史を持っているのだ。これも昔から外国人を受け入れ異文化を取り入れてきた長崎ならではの特徴だろう。中国人墓地、オランダ人墓地、ロシア人墓地のほか、ポルトガル、アメリカ、イギリス、フランスなど長崎を往来した人々が縁あって異国である長崎の地に眠り続けている。
稲佐悟真寺国際墓地
稲佐悟真寺国際墓地
長崎商工会議所
〒850-8541
長崎市桜町4-1 長崎商工会館2F
TEL.095-822-0111
FAX.095-822-0112/825-1490


7
2
9
9
4
1
TOPへ戻る